田舎暮らしのビジネスは?

田舎暮らしで隠居するだけでは、もったいない!

まだまだ稼ぐために、最大限にチャンスを生かそう!

田舎で自営業!田舎で社長に!

田舎暮らししながらビジネスするのは、都会でビジネスをするよりもチャンスが多いです。

田舎は人が少ないので、事業には向かないと考える人が多いですが、これは、大きな間違いです。

田舎ほど競争する店が少ないと言うか、そもそも店が無いのですから、田舎で、もし、飲食店を開いた場合、ご近所さんばかりが、四六時中たむろする店になるのです。

では、田舎でビジネスする場合、ヒットする条件は何でしょうか。

まず、立地条件ですが、どんな商売をする場合でも、家の前に自動車を駐車出来るスペースがある土地を選ぶ事です。

特に田舎に店舗を持つ場合、お客様は自動車で来ますから、駐車場は必要不可欠です。(2〜3台分必要)

次に、店舗の建物ですが、住居兼用の店舗が理想ですから、建坪の大きな建物を選択しましょう。

建物の大きさ、固定資産税の安さを考慮しますと、威風堂々とした古民家が理想です。


…そんな立地条件と建物が揃ったとします。

「そこで、貴方はどんな商売をしますか?」

…失敗が無い店舗が二つあります! 蕎麦屋とパン屋は失敗が少ない商売です。この二つに共通するのは、蕎麦粉、小麦粉を練って加工するだけですから、非常に利益率が高いのです。

…また、最近は1日で蕎麦職人やパン職人を養成する教室もあり、技術習得も比較的楽な業種です。定年退職後の第二の人生に最適な仕事ではないでしょうか。

…それ以外に、喫茶店と言うのもあります。これも、開業に必要な知識はさほど無く、田舎で開業しやすい店舗です。

最近は、威風堂々とした古民家で1日20人限定の『古民家蕎麦屋』をはじめる定年退職後の老夫婦も居ます。

同じ様に『古民家パン屋』の様に、都会の若者が田舎でパンを売り、大成功している例もあります。

また、『古民家喫茶店』の様に、地元の住民が集会所の様に、毎日集まって来る店をつくるのも面白いですね。